2013年07月02日

急変。

そわそわしながらの1時間。ようやく病院最寄りの駅に着く。

さすがに一服している場合でもないので
そのまま病院へ直行するも診察時間外なので
ドコに行けばよいかわからない。

母に電話するも繋がらず病院エントランスで
困っていたら妹が出てきた。
--


妹「あぁ、お兄ちゃん」

僕「スグ来いって言われたけどどうした?」

妹「なんか急に容体が悪くなって血吐いちゃったって」


--
病室までの道すがら詳細を聞く。

今日のお医者さんからの話は今後の治療方針について。

昨日も普通に自宅から透析に来たらしいが
透析後の血液成分の検査結果が悪かったらしく
そのまま入院する事になったらしい。

ただ昨日は母も家に帰ったそうだ。
吐血したのはこの日の朝(土曜)で
母も急な呼び出しに驚いたということ。

その時点で出血を止める処置をしている最中、
輸血の準備もしているとの事だったので
容体は悪い方に急変したがまぁ持ち直すであろう。


病室に着くと父は口に吸入器(?)をつけ
出た血を受け止める為の布をあてがわれていた。
お医者さんがいうには見た目苦しそうではあるが
本人は苦しいと感じていない。との事。

そうは言われてもやはり苦しそうである。

病室で着きそうように言われなすすべもなく
家族一同座っている状態。


1時30分になると別室に移され
当初の予定通り今後の治療方針の説明が始まった。

posted by shin at 15:10| Comment(0) | 1.父が亡くなるまで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。