2013年07月02日

お医者さんの説明。

1時30分。

吐血中の父を置いて隣の部屋へ移動。
予定通りに治療方針についての説明を受ける。

レントゲン、胃カメラ写真、CTスキャン画像など
具体的な症状を一つ一つ丁寧に説明された。

食道は動脈瘤のようなモノでボコボコしており
足は血流が悪い事で壊死に近く
肝臓は肝硬変で小さくなっている。
その影響で腹水が溜まり、それに圧迫されて〜


ちょっと正確には覚えていないが
兎にも角にも、それぞれの症状は
長年の人工透析の余波を受けての事なので
何か有効な手立てがあるわけでは無いという。

その時の吐血も食道の周りの血管に出来た
動脈瘤のようなモノが破裂した事が原因だろう。と。



まぁ立派である。


というのがボクの感想でした。

与えられた肉体を余すことなく
使い尽くして生きているように
ボクには感じられました。



そしてお医者さんに伝えられた残された時間は
何もアクシデントが起きなくて1年ぐらい。

何かのトラブルが起こる毎に数ヶ月単位で
残された時間が短くなる事を覚悟が必要である。

そして今起こっている事がそのアクシデントの一つ。

・・・つまりもはや1年という時間は無いという事。

ボクにとっては唐突ではあったが
生活を共にし週3度の透析に付き合っていた
母はある程度わかっていたようだった。

まぁこればかりは仕方が無い。


説明は20分程度で終わり

「今、止血処置をして、輸血用の血液を準備しています。」

と告げられ病室へ戻った。

posted by shin at 17:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 1.父が亡くなるまで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/368119214

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。