2013年07月09日

どのような葬儀にするのか その1

通夜・告別式をやる事にしおおよその
参加人数から会場の目処がついた所で
「どのような葬儀にするか」の話になります。

「仏式でもキリスト教の形式でも対応できます。
 お付き合いのあるお寺さんなどなければ
 コチラでお願いしてお坊さんを呼ぶこともできますが
 どのような形にしましょうか?」

先に書いたエントリーのような宗教観
我が家には大変悩ましい問題になる。

とりあえずボクには何もわからないので
率直に聞いてみる事に。

「無信仰の人がやる葬儀というのもあるんですか?
 お坊さんを呼ばずに焼香ではなく献花にするとか…」

「はい。もちろんそういった葬儀でも対応できます。
 献花用の台やお花を用意する事もできますし。
 例えば生前に好きだった音楽をかけて行うような
 音楽葬ですとか…ただ決まった形式はないので…」

「……」

なるほど。である。

この段階でのボクのイメージでは仏式やキリスト教式と同様に
無信仰向けの一般的なフォーマットがあると思っていた。
しかし実際には無信仰での葬儀というのは主催者の自由。

もちろん葬儀社さんによっては無信仰葬儀の
フォーマット・プランを持っている所もあるかもしれない。

しかしこの時点では「あるかもしれない。」というだけで
限られた時間の中で実際あるかどうか調べる時間も無いし
遺体搬送・通夜、告別式もお願いする流れになっている。
(もちろん契約書を交わしていないので流れを止める事も可能ではあるのだが…)

その事からも、やはり以前に書いた

葬儀屋を決めるタイミングは早ければ早いほうが良い。

という事になる。


「どうしようか…」

などと家族で話していると葬儀屋さんは

「ご希望にそえる会場が埋まってしまう可能性もあり
 早く会場を押さえる必要があるので一度確認してきます。
 その間にご家族でお話合いしておいていただけますか。」

と、その場を離れる。

posted by shin at 07:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 2.父が亡くなったあと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。