2013年07月11日

「普通で無い葬儀」をするためには。

結局、我が家ではいわゆる「普通の葬儀」をする事になった。
今思い返しても現実的な選択であったし特に後悔などは無い。

しかし「無信仰である」という事情を考えると
「普通で無い葬儀」というのも選択肢に入っていた。
それを実践するために必要だった事が今ならわかる。

・事前に考えておく。

このブログでは再三書いて来た事だが
最も重要な事だと思うので改めて書いておく。

今日では「直葬」「音楽葬」「樹木葬」「散骨」などなど
葬儀や納骨にはいろいろな形式が存在する。
しかしそれらを実践したい場合には
やはり事前に考えておく事が重要。

どのような葬儀にするか?
どのように進行していくのか?
そういった葬儀に対応してくれる葬儀社はあるか?
予算的にはいくらぐらいになるだろうか?

考えなければならない事が非常に多い。
漠然と「こんな形」と思っているだけでは不十分。
亡くなってからの限られた時間で
これらもろもろを企画、検討し実践するのは困難である。


そしてボクが完全に見落としていた事で
「重要である」と感じた事がある。

・故人の明確な意思表示は重要である。

葬儀、法事に参加した際に良く聞く冗談として

「私が死んだ時は葬儀なんてしなくていい。
 川に流してくれればいいと息子には言ってある」

といったような発言を聞くことがある。
もちろん場を和ます冗談でである事は承知している。
同じ趣旨でもう少し現実的な発言としては

「葬式も墓もいらないから」

これも冗談ではあるだろうが
「遺された子に負担をかけたくない」
という部分は本心ではないだろうか。

もし実践するなら「直葬して散骨」という事だろう。


ここで一つ断言します。

明確な意思表示をしなければ
遺族はいわゆる普通の葬儀をします。


では明確な意思表示とは何か。


書面に遺しておく事です。


相続なども考えて法的に意味のある
遺書を遺しておく事ができるのが最も理想ですが
ここでいうのは葬儀の形式について。

前述の「時間的制約」以上に
遺族に負担になるのは親族への説明という問題です。

「普通で無い事」をすると
文句を言ってくる人がいる可能性があります。
これは非常にやっかいで文句をいう人の多くは
「普通 = 正しい」と考えている場合が多い。

葬儀は遺された家族のものであるのは当然の事。
しかし故人の兄弟などは「ぞんざいに扱われている」と感じ
「普通 = 正しい」の思考で意見を言ってくる。

「故人の生前の考え方なら〜」では納得させるには不十分。
「故人の強い希望で」でも口頭の説明では難しいだろう。
一番確実で遺された家族の負担を軽減させるのは
「確かに故人が望んでいたという証拠」である。

もしあなた自身に希望の葬儀の形があるのであれば
キッチリと書面に遺しておくべきです。
そしてその希望が「変わった形式」であるのなら
実践可能であるか調べて置くのもよいと思います。


posted by shin at 05:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 2.父が亡くなったあと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/368847800

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。