2013年07月18日

親族への連絡。その1

葬儀屋さんとの打ち合わせが概ね終わる。

詳細については忘れている事もありそうだが
思い出したらその都度書き足して行きたいと思います。

葬儀屋さんは明朝、見積もりを作って持ってくるといい
翌朝までに家族で決めておくべき事
確認しておくべき事のリストを置いていった。

この段で葬儀屋さんに確認しておきたいのは
葬儀を含めて遺族がやる事をまとめた小冊子の有無
葬儀屋さんであればきっとドコの葬儀屋でも用意しているだろう。

もちろん既に貰っていれば確認の必要は無い。
我が家の場合は渡すのを忘れていたらしく
葬儀が終わった後で受け取る事になった。

葬儀屋によって若干の違いがあるかもしれないが
どこの葬儀屋で貰っても概ね内容は変わらないだろう。
葬儀までの流れ・葬儀後の手続きなどがまとめられた冊子。

葬儀屋の人が帰って見積もりを持ってくるまで
半日という短い時間ではあるが
葬儀未経験の家族だけになる最初の時間帯になる。
翌朝までのやるべき事リストはあるにしても
確認したい事、知っておきたい事なども出てくる。

もちろん葬儀屋さんの名刺には携帯の番号もあり
「わからない事があればいつでも〜」と言ってくれるが
「電話する程の事でもないけど〜」のような事も出てくるので
小冊子のような物があるならこの段階でもらっておきたい。


この後もっとも先に遺族がやるべき事は
親族への連絡という事になる。

母は
「きちんと伝える事が出来る気がしない」という。
ボク自身、親戚づきあいも全くしていなかったし
そもそも電話するのが苦手なのだが
そんな事を言っている場合では無いのでボクが連絡する事に。

この連絡には非常に苦労したので後になって
こうして置けば良かったと思った事を書いて置きます。


・会場の地図を用意する。
--
これは葬儀屋の方で通夜・告別式の時間を書き入れて
FAXで送れるような形式の物を用意してくれた。

ただ、できれば会場のHPなどをチェックしたり
上記のFAX用のものをスキャンするなどして
メールで送れるような物も準備出来ると望ましい。

訃報を伝える事は難なく出来ますが
通夜・告別式の日時、会場を伝えるのは非常に苦労する。

架空の名称だが例えば
「青空会館」の様に普段使われている単語で
構成された名称なら電話口でも簡単に伝える事ができる。
しかし葬儀会場の名称は普段使われていない単語を使っている場合もままある。
「空人典礼会館(くうじんてんれいかいかん)」だったらどうだろうか?
(くうじん)という音を伝えるのも一苦労。そのうえ漢字表記を伝えるのに
「(そら)の(ひと)と書いて(くうじん)で〜」
などと時間も取られますし大変な労力。

相手に受け取る環境があるのであれば
FAXやメールで伝えるのが最も簡単で確実な方法になるので
連絡をし始める前に準備しておくと便利。


・連絡する親族の連絡先を集める。
--
一つの電話帳などにキチンとまとめてあれば簡単ですが
手書きの電話帳を利用していたりするとなかなか手間がかかります。
ウチの場合には数冊の手書き電話帳に分かれていました。

また可能であれば合わせて年賀状を集めるのもいいと思います。

手元に集まった連絡先が最新のものであるかの確認ができますし
人によっては FAX番号 や メールアドレス を記載している場合もある。
これが事前にわかっていれば訃報と通夜・告別式の日時を電話で伝え

「会場については地図がありますので
 FAX(メール)でお送りして良いですか?」

で済ませる事ができる。

また最近では電話・FAXの複合機を使っている家庭もあるので
電話番号でFAXを受け取れる場合もあるので
一応確認してみるものいいかもしれません。


posted by shin at 05:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 3.葬儀まで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/369561896

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。