2013年07月18日

親族への連絡。その2

親族の連絡先を揃えたら実際に連絡。

訃報を伝える際に伝えるべき事は
--
・亡くなった事
・通夜、告別式を行う事
・その日時
--
になります。

実際に電話して伝える事をイメージして
文章にしてみるとこんな感じでしょうか?
--
ご無沙汰しております。
○○の息子の○○です。
先ほど父が他界しました。
つきましては通夜・告別式を行いますので
お忙しいとは思いますが
ご参列いただければと思います。

○月○日○時から通夜、
○月○日○時から告別式で
会場は○○線○○駅から徒歩○分の
「○○会館」になります。

(相手にFAX・メールがある場合)
会場については地図がありますので
FAX(メール)にて送らせていただきます。

あと、葬儀の際、賑やかにおくりたいと思うので
お花を出したいのですがお名前だけでも
お借りしていいでしょうか?
--

一番最後の「お花」のくだりに関しては必須ではありません。
ウチの場合は先に伝えてしまった方がいいという判断です。

お花の値段は葬儀屋から先に教えられると思います。
「お花代出します。」と言って貰った時の為に
金額もきちんと把握しておきましょう。

実際には相手のリアクションがありますから
上記の文章の様にスムーズには進みません。
ただ最低限伝えるべき事を忘れないようにします。


そして伝える順番ですが年功序列に
こだわる必要はないと思います。

近所に住んでいるとか
家族同士の行き来が多い親族から
連絡するのがいいと思います。

最初からスラスラと伝える事は難しいですから
気を使わずに話せる相手から連絡する方がいい。
可能であれば
「これから順番に連絡していくんですが〜」
という事を伝えて他の親族への伝達を
お願いするのもいいかもしれません。

もちろん完全にお任せしてはいけません。
「じゃあ○○には私から連絡しておきます。」と
言ってもらえたとしても、
葬儀、告別式の告知は実質この時の電話しかありませんので
最終的には全親族に自身で連絡する事が必要です。

しかし事前に伝達ができていれば日時・会場など
伝えるのが困難な部分を軽減できる場面も出てきます。

連絡もれが無いよう親族の一覧を用意し
チェックマークを付けながら進めます。

posted by shin at 17:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 3.葬儀まで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/369613281

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。