2013年08月01日

翌朝までに決める事。その1

次の葬儀屋さんとの打ち合わせまでに
決めておかなければならない事を進める。

決めておくように言われる事の大半は
参加人数に関係する事がほとんど。

この時点では訃報の連絡などが済んでいるが
流石に訃報の連絡で「通夜に来てもらえますか?」と
確認するのも気が引ける距離感の人もいるので
ある程度の予想で決めていくしかない。

・花を出す人の確認
祭壇裏に飾る花を任意で出してもらいます。
以前のエントリーにも書きましたが葬儀屋さんからは
「訃報の連絡の際に花を出したいと言ってくる人がいますので〜」
と説明されました。

母方の親族は母の実の兄弟という事もあって
母から「花出して欲しい」とお願いしたのですが
父方の親族には催促するようで言えなかった。

花には出してくれた方の名前が記載されます。
「言ってくれればウチだって出したのに…」
と、後々に何か言われるのを避けるのであれば
訃報の連絡の際に伝えるのがいいかと思います。


・通夜振る舞いの料理を何人分頼むのか
地域にもよると思うが基本は桶に盛りあわさった
料理になるので厳密な人数を把握する必要は無い。
我が家では寿司・天ぷら・煮物といった感じでした。

葬儀屋さんに確認が必要ですがウチの場合は
通夜当日でも追加注文をする事ができましたので
伝える人数は来るであろう親族の人数+α。

多く発注してしまった場合は返品できませんが
実際に通夜当日に集まった人があまりにも多ければ
その場で追加できましたので
「足りない」という心配はしなくていいハズです。


・用意する香典返しの数
こちらは料理とは逆で返品はいくらでも出来ますので
「余る」という事は心配しなくて大丈夫です。
ザックリと最大で集まった場合の人数分を頼むのがいいでしょう。


・火葬場への移動手段
告別式の日に火葬を行うのですが
火葬場へ移動するのにマイクロバスをお願いしました。
当たり前ですがマイクロバスの定員は決まっています。
普通の家族葬であれば1台で充分だと思います。


・火葬場での食事
火葬している間に振る舞うお弁当の数。
こちらも通夜振る舞いと同様当日でも追加発注できました。
ただコチラはお弁当なので最終的には
正確な人数を把握する必要があります。


「だいたいの人数を確認しておいて欲しい。」と言われても
「多すぎても足りなくても困るし…」と悩んでしまいましたが
追加・返品が可能か不可かを最初に確認をしておけば悩みは半分です。

基本、料理は「追加可能・返品不可」
最初の段階ではピッタリかちょっと足りないかな?ぐらいの
数でお願いしておくのがいいでしょう。

香典返しは「返品可能」追加ももちろんできますが
大量の追加は当日中に対応用意出来ない場合もありますので
多めに頼んでおいた方がいいです。

posted by shin at 07:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 3.葬儀まで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。