2013年08月02日

その他に提案された事。

次の葬儀屋さんとの打ち合わせまでに
決めておくことはこれまでに書いて来た事以外では
・もしあればという前提で生前好きだった音楽のCD

CDに関しては

「もし故人が生前に好きだった曲などがあれば
 CDを用意していただければ出棺の際にかける事ができます。
 無ければ雰囲気にあったBGMを流しますので…」

と、いった感じで言われた。

母が

「何かあるかねぇ?お父さんカラオケ好きだったけど
 谷村新司の曲をかけるわけにもいかないしねぇ。」

すると葬儀屋さんが間髪入れずに

「是非持ってきてください。供養になりますからっ!」

と。

息子としては「おいおいホントかよ」である。

「出棺の際」という事だったので
棺桶を霊柩車に乗せるまでの短い時間かな?
短い時間であれば曲は何でもいいのかな?
そんな風に思っていた。

結局お渡ししたCDは別の物になったのだが
(これについてはたぶん別のエントリーで書きます。)
実際には参列者全員で棺桶に
生前の愛用品や親族に出して頂いた花などを
棺桶に入れる状況から流されたので
かなり長時間音楽はかけられる事になる。

もちろん故人が生前に愛してやまない曲などがあれば
どんな曲でも流す事が供養になるかもしれない。

しかしそういった強い思い入れがある曲が無いのであれば
「棺桶に愛用品・花を入れ、閉じ、遺影・位牌を持ち霊柩車へ乗せる」
という長い時間流れる事になるので
一連の流れを想像しながら曲を選んだ方がいいです。

そしてコレは悩む用であれば無理する必要も無いので
用意されているBGMを流してもらっても問題ありません。
posted by shin at 14:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 3.葬儀まで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/370934244

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。