2013年08月21日

葬儀までを振り返る。

ここまで父が逝ってしまってから
約1日の出来事を書いてきました。

「悲しむ間もない」と言われますが
本当に怒濤の様に時間が過ぎ
いろんな事が決まっていきます。

悲しくて泣いていても決めなければならない事が
次から次へと押し寄せてくる。
もちろんそれらは葬儀屋さんが進行しているので
遺族としては選択を繰り返しになります。

細々とした事は各エントリーで書いてきましたが
やはり一番大変なのは葬儀社を選びだと思います。

我が家では最終的には満足できましたが
能動的に葬儀屋さんを選んだ訳ではありませんでした。

繰り返しになりますが限られた時間で
葬儀社の探し、見積もりをもらい、
検討し、依頼するのは非常に難しい。

可能なかぎり早めに決めるのが望ましいですが
我が家同様に亡くなってから短時間で決める際でも
--
・詳細が記載された書面での見積もり
・見積もりに含まれていない内容の説明
--
最低でもこの2つが出来ている葬儀社に依頼しましょう。
「パック」「一式」の合算金額しかない見積もりを出してくる所は
金額云々とは関係無く依頼してはいけません。



例えば我が家ではこんな事がありました。

我が家が依頼した葬儀屋さんが出してきた見積もりは
かなり詳細に項目が分かれていて一つ一つ説明をしてくれました。
そしてカットできる項目についての説明もありました。

その中でカット出来ない項目に「湯灌」というのがあった。
棺桶に入れる為に遺体をキレイにする事です。

葬儀を終えた今では必要であったのは理解できるんですが
打ち合わせをしているのは父が他界して間もない時です。
亡くなった後、病院でも時間をかけて遺体をキレイにしてもらった直後なので
「遺体をキレイにして棺桶に納さめる費用です。」と言われても
いまいちピンとこなかったんですね。金額的にも高く感じた。
その事を葬儀屋さんに伝え細かな説明をしてもらいました。


また金額は少額だったんですが(1.5万円ぐらいだったかな?)
カット可の項目で「花束代」というのがあった。
「棺桶の上に飾っておくもの」という説明だった。

「別にいらないと思うんですが無いとおかしいんですか?」

と質問すると

「いえ、おかしくは無いですよ。」と。

じゃ、いいや、とウチでは花束はカットしてもらいました。
(実際、葬儀場に着いたら「サービスさせていただきます」と
 花束を用意してくれていたのですが…)

ウチはカットしましたが通夜までには時間がありますから
花束ぐらいなら自身で準備していったっていいですよね。
故人が生前好きだった花とかあれば選べますし
自身で用意し会場まで運びたむけるという事もできます。

親族の葬儀となると金額を抑える方向の選択は
なんとなくケチっているようでしにくいですが
自身が納得できるように遠慮無く言う方がいいと思います。

そしてこれらの事は見積もりに詳細項目があったから考える事ができた事です。
これが「一式 ○○万円」であったら気がつく事もできません。

どんな葬儀をするかによって金額は大きく変わりますが
いずれにしても掛かる費用は決して安くはありません。

何にどのぐらいの金額が掛かっているのか、
それらは本当に必要なのか?

そういった事を考える事が大切だと思います。


posted by shin at 15:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 3.葬儀まで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/372584237

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。