2013年10月15日

通夜が始まるまで。その1


葬儀屋さんから大まかな説明を聞き
貴重品をコインロッカーにしまいヨメに受付を任せる。

通夜の受付が始まる時刻まで30分弱。

受付を済ませた方には「通夜ぶるまい」をするスペースにて
待機してもらい、スタッフの方がお茶を出してくれるという。

この段階では母はまだ到着しておらず
ソワソワと待っていたのだけれど
ボクが到着する前より会場にいて本を読んでいる人がいた。

もしや、と思い声をかける。

「あの、父がお世話になった方でしょうか?」

「私の方がお世話になりまして〜」

父の会社での知り合いの方でした。
父は会社で将棋の同好会に入っていて
そのお仲間だったそうだ。

もちろんボクは初対面。
お悔やみの言葉をいただき父との関係を話していただく。

この時に失敗してしまったのはお名前をメモらなかった事。
会社関連のお知り合いの場合には母も初対面になる場合もある。

まだ受付が開いていないので記帳もいただいていない。
もし記帳してもらっていたとしても
誰がどの用紙であるかは即時に見つけるのは難しい。

後から来た母にも挨拶してもらうように促したのだが
将棋仲間であったエピソードは覚えていたのだが
名前を思い出すことができませんした。。。

前のエントリーに書きましたが
喪服の状態でも持てる簡単な紙(メモ)とペンはあった方がよいです。

もちろんご本人の目の前でメモるのはどうかと思いますが
ひとしきり話を終えたあと少し離れてさりげなく
「お名前と関係」を走り書きするぐらいはしておいた方がいいです。

そしてお一人でいらしている方には積極的に声を掛けましょう。

会場には親族の方が先にワラワラと集まってきます。
当然親族ですから久々に会って話す事も沢山あるでしょうが
ともすると内輪だけで盛り上がる(言葉の選択が不謹慎ですが…)状況になりがち。

逆に考えれば親族なんて放って置いても誰かと話しをしますし
後で話をする時間はたっぷりあります。

お一人で早めに来られた方は所在なさげになってしまいます。
別に特別な事を話す必要はありません。

初対面であれば故人との関係とお名前を聞き
参列のお礼と亡くなった経緯など
簡単な話をすればよいと思います。

もちろん先方から話していただけるなら
想い出話を聞かせて貰うものいいですね。
会社での姿なんてあまり知りませんから
後々いい想い出になると思います。
posted by shin at 18:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 4.葬儀 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
プラモ館からまいりました。

お父様がお亡くなりになったのは伺っていましたが、その数日の大変さというのは、想像もしてみなかったです。

たしかに、我々くらいの年齢になると、両親にこういった突然の不幸が訪れること、場合によっては、配偶者との早すぎる別れが訪れること、もしくは自分自身が・・・

ということは、現実問題として考えておくべきことですね。

参考になりますというと変な感じですが、自分自身の問題としても考えながら拝見させていただきました。
Posted by たにーちょ at 2013年11月02日 16:08
たにーちょさん
どもども。こんにちは。
内容が内容だけに更新が滞っておりますが
(ってプラモブログも更新滞っていますけどw)
もし参考になる部分があれば幸いです。
葬儀が終わったあとの書類関連の方が役にたつ情報が
あると思うんですがいつソコまで話が進むのやら(笑
Posted by uzazo at 2013年11月05日 08:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。