2014年02月24日

【雑記】一周忌に向けて

完全の放置状態になっているこのブログ。
一周忌を迎える前に葬儀が終わる所まで
書いておきたいと思ったのですが
ちょっとたどり着けそうになさそうです。

少し前までは自分の書いたこのブログの文章を読む度に
父が他界した時からの動揺状態を思い出してしまい
なかなか新しいエントリーを書くことが出来ないでいました。

時系列で書いている想い出話で次に書く事は「通夜」の状況になります。
正直、無信仰であるボクからするとお坊さんの登場する通夜以降の話は
他の方から見たら不謹慎と怒られそうな内容も含んでいる。

自分の父の葬儀に関しての事ですから
その不謹慎ともとられかねないような「ネタ」を書くのが
少々ためらわれるという気持ちもあって
更新の停滞に拍車を掛けておりました。

ただ今はだいぶ心の整理がつきましたので
何かの拍子でこのブログにたどり着いた方に
不快な思いをさせないよう
映画の感想でネタバレ部分に注意喚起をするように
ブロックやエントリー自体を分割しつつ
ガンガン書いていきたいと思っています。


さて、今日は前回のエントリーと関連した事を書きます。

信仰を持たない家族の温度差について。

前回は「信仰とお墓」に関して書きました。

繰り返しになりますので細かな事は書きませんが
「お墓がいる・いらない」は無信仰の家族であっても
温度差がありもし意見が分かれるのであれば
「いらない」と思っている方が折れてみては…。という内容です。

そしてまったく同じ事が
一般的に法要を行うタイミングで家族には訪れます。
例えば49日・納骨・百カ日 etc…

生粋の無信仰もののボクからすれば上記に上げた区切りも
仏式に考えるのであれば7日毎に訪れるものを
毎度は出来ないので便宜上簡略化されたタイミングなのですから
何もこだわる必要も無い。というのが本音です。

ただ父が他界した後にあったイロイロな場面で
ヨメに注意された事があります。

無意識であっても意識的であってもボクが本音を先に言ってしまっては
母が本当に思っている事を言えなくなる可能性がある事を考えろ。と。

本当にヨメに注意されるまでは気がつきませんでした。

母が何か思うこと。お墓の事、49日の事、その他の事。
いわゆる慣例に従わなければ…と考えているなら
「そんなの気にする事はない。ウチはウチのやり方でよい」
負担を減らすつもりで、時に無意識に時に意識的に
自分の意見を言っていました。

しかしいわゆる慣例に従う事。
というのも心の整理に必要な時もあります。

まもなく父が亡くなってから1年が経とうとしています。
当然一般的な慣例に従えば一周忌となります。

ボクの本音はこのエントリー・ブログに書かれている内容を
読んでいただければ推察していただけると思います。
ただ上記の反省がありますのでボクからは何も言わない事にしていました。

今日、母から「一周忌だけはやった方がいいと思うの」と。

「うん。ではいろいろ手配を考えておくね。」と。

ボクの性格や考え方は知っていますから
きっと母なりにかなり悩んだと思います。

この段ではボクの考えは必要ありません。
準備を始めるにはギリギリのタイミングではありますが(笑
悩んで出した母の気持ちには応えてあげたいと思います。
posted by shin at 04:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 1.父が亡くなるまで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/389602296

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。