2014年05月16日

通夜 その2

前回のエントリーと重複する内容もありますが
通夜での人の流れなど。


お経がはじまり焼香となります。

焼香は家族、親族、一般参列者の順になりますが
一般参列者の方は焼香が済むと別のスペースに案内され
「通夜振る舞い」の食事の場へ。
参列者全員の焼香が終わると
必然的に家族、親族が場に残る事になる。

その後、お坊さんの説法があり通夜は終わる。

焼香後、説法が終わってなお「通夜振る舞い」の場に
残ってくださっている方がいれば挨拶をしに行きます。

会場にもよると思うのですが
通常ですと一般参列の方は食事を終えたら
受付時(記帳してもらった際)に渡してある引換券と交換で
香典返しを受け取っていただきお帰りいただく。

その後家族、親族の食事という流れになる。


さて、我が家の場合はどうであったか。

一般参列で来てくださった方が想像を遙かに超えて来てくださったので
「通夜振る舞い」で用意していた食事量が圧倒的に足りなかった。

通夜の始まる前にその事は判っていたので葬儀屋の人から
「お食事の追加発注してもよいですか?」と聞かれ
了承していたので食事については事なきを得た。

もしろ問題になったのは「香典返し」の方。
「香典返し」は使わなければ返品可だったので
多めに発注していたがそれでも足りなかった。

当日追加でいくつか用意してもらったものの
「香典返し」の中身はある程度コチラで選んでいるものなので
当日発注では追加できる数にも限界があり結局足りなかった。

そこで翌日の告別式に参加してもらえる親族には
「香典返し」を告別式後に渡すお願いして
ギリギリその日のみの参列者にはお渡しする事ができた。

もしそれでも足りないシチュエーションがあれば
予算はかかってしまいますがお渡しできない方に事情を説明して
記帳いただいた用紙に印をつけて後日郵送という形でしょうか。


話が前後するが、
通夜が一通り終わると葬儀屋さんから
「通夜振る舞いに残っている方がいらっしゃいますのでご挨拶されては?」と。
主に父の会社関連の方々なのでここは母に任せることに。

しばし通夜の会場に残される家族、親族。

前エントリーに書いたが月曜という事もあって
会社に出社してから訃報を聞き駆けつけてくれた方が
通夜が終わってもパラパラと焼香にきてくださったので
会場に残された家族、親族は通夜の焼香と同じように
焼香いただく際にお辞儀をして…が繰り返された。

…が、しかし待たされる時間があまりにも長すぎる。
ボク自身もこの状況が「何待ち」なのかわからない状況。

しばらくして葬儀屋さんがボクに事情を説明に来た。

本来であれば通夜が終わり「通夜振る舞い」の場の
一般参列の方がお帰りになった後、
同じ場で食事のセッティングをして親族の食事の場になる予定だった所
「通夜振る舞い」の場が盛り上がりすぎて(言葉の選択はアレですがw)
スペースが空かないとの事。

幸い会場は広い会場だったので会食できる大きさの別室があり
急遽そちらへ食事の準備をしてもらい「通夜振る舞い」の同時進行。
給仕をしてくれるスタッフの数は限られているので
たぶんスタッフの方も大変な思いをされたことでしょう。

父は定年退職して3年でしたから当然会社関連の知り合いの方には
定年を迎えた方も沢山いて久々の再会の場になったという状況。
父は人と食事するのが好きな人でしたから自身の通夜が
再会の場として盛り上がるのは本望であったと思います。

ただ以前にも書きましたが
遺族は葬儀屋さんからサービスを受ける客であると同時に式の主催者です。
ボク自身が状況を把握出来ていなかったので参列している親族が
「何待ち?」状態だったのはいただけなかった。

…というか、
もし葬儀屋さんがこのブログを読むことがあったら気に掛けて欲しい部分です。
会場や状況に合わせた対応をしてくれているとは思いましたが
なにぶん遺族は素人ですので葬儀屋さんが状況に合わせて
つつがなく手配してくれていても「今、どんな状況であるか」は素人にはわかりません。
疑問を挟む余地がないほど通常の進行であればいいのですが
イレギュラーな状況であるのであれば情報の共有は早めにして欲しい。

もちろん遺族側も何かあればその都度聞くようにすべきですが
イレギュラーな状況であるか無いかの判断自体が難しいんです。


ちなみにですが「追加していいですか?」と何度も確認されるほど
盛り上がったので「通夜振る舞い」のお料理代は
目が飛び出る額になりました。(笑)

まぁこれはウレシイ悲鳴という事で。


つづく
posted by shin at 03:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 4.葬儀 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。