2015年06月17日

通夜振る舞い

コレまでに書いて来た部分と
重複する事もありますが書いて行きます。

--
一般の参列者の方は焼香を済ませると
通夜振る舞いの席に案内されます。

通夜は一般参列者の方の焼香が終わってから
お坊さんの説法がありますので一般参列者の方の中には
説法が終わる前にお帰りになっている方もいるハズです。

ただ近しい関係だった方などは残っている場合もあるので
葬儀屋さんから「ご挨拶されてはいかがですか」と促されます。
我が家の場合は父の会社関連の方ばかりでしたので
挨拶は面識のある人もいるという事で母に任せました。

通常ですと残っている方は遺族に声を掛けたいという
想いで残ってくださっているので挨拶を済ませると
通夜振る舞いの会場が空き親族の通夜振る舞いになります。

しかし我が家の場合は父が定年していたので
参列くださった方も定年された方も多く久々に再会された方々もいて
通夜振る舞いの席はちょっとした同窓会のような場に。

葬儀屋さんは何度か説明に来てくれたのですが
かなり時間があいても全く会場が空かないので
急遽、別のスペースに親族用の通夜振る舞いの席を用意する事に。
(たまたま使用していた会場に会食できる広間がもう一つあったので)

親族の通夜振る舞いですが
我が家では移動するタイミングなどで
特に挨拶などしないで始まりましたが
始まりと終わりに簡単な挨拶を用意しておいた方がいいですね。
本日はお忙しい中を、お越しいただきありがとうございました。
ささやかではございますが、お食事の用意をしております。
お時間の許す限りお話などお聞かせいただければと思います。
みたいな感じでしょうか。

で、実際の食事の場では順に飲み物をついで回りながら
簡単な挨拶をするといいと思います。

我が家の場合はそんな大人数では無かったので
少し食事一緒にしてテーブルを移動していく感じになりました。
特に順番にこだわる必要はないと思いますが
ボク以外知り合いがいないヨメの家族のテーブルから回りました。

会場は貸し切りだった事もあり
特に終わりの挨拶もせずに終えてしまいましたが
今から思い返すと親族とはいえ帰るタイミングも
難しいと思うので終わりの挨拶もした方が良かったです。
皆様、本日は誠にありがとうございました。
お陰様で、滞りなく通夜を終了させていただくことができました。
勝手ではございますが、本日はこの辺で終了させていただきたいと存じます。
明日の告別式は○○時から行います。何卒よろしくお願い申し上げます。
みたいな感じですかね。

母方の親族は遠方かた来ている事もあり
会場に宿泊する事になっていましたので
そのまま会食は続きました。

今はスマホで調べたりできますが
近くのコンビニの場所や最寄り駅の電車の時刻表
など調べて置く便利だと思います。

宿泊する場合などはその後も引き続き会場で過ごす訳ですが
飲み物などは開封したものをカウントして請求されますよね。

この事はみんな知っていると思います。

「遠慮なく空けて飲んで」といっても
空けられない遠慮がちな人も結構いるんですよね。
ボク自身大量に水分を摂るで他の親族の葬儀であれば
タブン遠慮しちゃうと思います。

なので通夜振る舞いがひとしきり終わってしばらくしてから
お茶やジュースやお菓子、紙コップなどコンビニで買ってきました。

正直、買ってきてしまうと逆に「空けて欲しく無いと思っている」と
思われるのではないかという気もしたのですが(小心者w)
自分が貧乏性を思われるぐらいはどうでもいいか。と。
実際遠慮していた人もいましたし。
posted by shin at 16:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 4.葬儀 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。